半導体向け

SEMICONDUCTOR

  1. トップページ
  2. 半導体向け
  3. 挟ピッチプローブカード

挟ピッチプローブカード

従来は前工程のカンチレバーと後工程のコンタクトプローブのように使われるシチュエーションは明確に分かれておりました。

しかし、技術の進歩によりWL-CSP、FlipChip、CopperPillarなど挟ピッチでありながらもカンチレバーでは対応出来ないケースが出てきました。

挟ピッチプローブカード

P=80umのピン配置

一般的にはコンタクトプローブをベースとする垂直型カードはP=100um以上の電極ピッチまでしかカバーできませんが、精研はP=100umの壁を破るP=80um対応のコンタクトプローブ、プローブカードを開発しております。

お問い合わせフォーム

日本国外の方は英語ページでお問い合わせください。

東京本社

〒144-0035 東京都大田区南蒲田 2-16-2
テクノポート三井生命ビル10階(MAP

TEL 03-3734-1212電話受付:9:00〜18:30 土日祝除く

お問い合わせフォーム