プローブ

PROBE

  1. トップページ
  2. プローブ
  3. 挟ピッチ技術

挟ピッチ技術

半導体業界においてはウェハーの電極にコンタクトさせる前工程ではカンチレバー方式(先端を少し曲げたタングステン針をチップの外周から飛び込ませるよう基板に配した物)、パッケージ化された後に両端プローブを入れたICソケットなどを使う後工程と住み分けがなされていました。

昨今ではチップの実装技術の発展により直接チップ上にバンプやカッパーピラーなどを設けたデバイスも増えてきました。

このようなデバイスはバンプの配置も格子状のため周囲から針が飛び込んでくるカンチレバー方式では物理的に針を配置出来ないケースも多々あります。さらにこのようなカンチレバー方式が不得意とする格子状に配列されたデバイスを多数個まとめてコンタクトして検査効率を上げる要求もあります。これらに対応出来るコンタクトプローブなどを使った垂直型に対する期待が高まってきました。

前工程では当然後工程より挟ピッチ化、安定した電気的性能が求められます。

精研ではP=150um対応の垂直型プローブをラインナップしております。
先端はハンダへの接触性で定評ある合金でクラウンカットにも対応しているためバンプに対しても安定したコンタクトが出来ます。特殊形状のバネを用いて一定の荷重を確保していることにより同じピッチの一般的なバネを使ったプローブよりバンプへの接触性が良好です。

プローブ全長も極力抑えて抵抗値やインダクタンスの低減にも努めております。
そしてさらなる挟ピッチ化を目指すためにプロセスなどを見直したP=80um対応プローブも近々ラインナップに加わる予定です。

カタログダウンロード

弊社プローブは対応ピッチ(ピンを並べて立てる時に最低必要な距離。2本のピンの中心の距離=ピッチ)ごとのラインナップになっております。

シリーズごとにアール、ニードル、フラット、逆円錐、三角錐、クラウンなど代表的な先端形状を揃えております。
材質や表面処理については先端形状欄に記載しております。その他パイプ、スプリング、ソケットの材質はカタログ右上に記載しております。
ソケットは線材付でも販売しております。長さは100mmもしくは300mmの2種類になります。型番末尾にHR○○を付けると線付ソケットの品番になります。(○○の中には線材長さ100か300が入ります。)
カタログ内にご希望の商品が無い場合につきましても特注生産を承っておりますのでご相談ください。

またピッチが狭くなると必然的にプローブやソケットも細くなり取り扱いにも注意が必要となります。
弊社ではプローブ、ソケットの単体販売以外にも樹脂加工、組立なども対応しております。ピンボードとしてのご相談も承りますのでよろしくお願い申し上げます。
各プローブの形状は以下からダウンロードしてお使いください.

カタログに無い形状に付きましても国内工場生産により柔軟な対応をしておりますので是非ともお問い合わせお願いいたします。

お問い合わせフォーム

日本国外の方は英語ページでお問い合わせください。

東京本社

〒144-0035 東京都大田区南蒲田 2-16-2
テクノポート三井生命ビル10階(MAP

TEL 03-3734-1212電話受付:9:00〜18:30 土日祝除く

お問い合わせフォーム